借金で給与差し押さえ

借金返済までの道のり~家族に内緒で~ > > 借金で給与差し押さえ

借金で給与差し押さえ

借金の返済が滞りなかなか回収できる見込みがないと判断されると、貸金業者の担当者から給与差し押さえをすることを伝えられてしまう場合があります。
給与差し押さえは債権を回収したい側にとってはいわば最終手段的な砦のようなもので、債務者にとっては生活そのものが脅かされてしまうできるだけ避けたい事態です。
借金が理由で給与差し押さえになってしまう場合はどのような流れで手続きがされてしまうのか確認しておきましょう。

まず給与差し押さえをされてしまうとどのくらいの金額が差し押さえられてしまうのかというと、基本給や諸手当などを含めた給料の金額から所得税などを天引きした手取り額の4分の1までとなっています。
ただし、天引き後の金額が44万円以上の場合は、その額より33万円を引いた金額が対象となります。
例えば、給料が20万円で天引き額が4万円という方の場合は、4万円が差し押さえられてしまい自分の手元に残るのは12万円ということになります。
差し押さえられることになる4万円は債務者の勤務している会社から債権者である貸金業者へ支払われることになってしまいます。
このような状況になることは、自分が勤めている会社へ迷惑をかけてしまうことにもなりますし、ひょっとしたらこれが原因で会社を辞めざるを得ないということになりかねません。
貸金業者としてももしかすると債務者が会社を辞めることになり回収できなくなるかもしれないというリスクを承知の上で給与差し押さえという手段を取らなければいけないのです。
できるだけ給与差し押さえという形にならないようにするためにはどうするべきなのでしょうか。

一番良い方法は、債務整理を行なって借金を整理してしまうということです。
色々な債務整理の方法がありますが、借金の状況によってどの選択肢が最も良いのかが異なります。
そこで簡単に債務整理の方法などを知ることができるツールを使ってみましょう。
実名や電話番号などを記入する必要がなく、無料で利用できますので安心して使ってみてください。

それでは、私が家族にも内緒のまま、借金返済に成功した方法を記載しておこうと思います。

最初に借金返済にあたり最も大切な過払い金請求についてのポイントをまとめます。過払い金をうまく還元することで、今の借金を0にすることすら夢ではないのです。
ポイント
①過払い金は、過去にキャッシングや借り入れをして利息を払ったことがあるひとであれば、大体発生している。

②過払い金は、少額そうで実は結構高額になっていることが多い。

③過払い金は、10年経つと取り戻せない。

④弁護士や司法書士に相談しないと取り返せない確率が高い。過払い金の予想額を聞いてから報酬をその中で支払えればお願いすれば良い。着手金0円のところもある。


【過払い金を取り戻す具体的な方法】
まず、借金返済シミュレーターで必ず現在の状況を確認することが非常に大切です。これで今の借金の返済に関する大体の状況が把握できるからです。

>>まだの方は今すぐ借金返済シミュレーションしてみましょう。

次に法律相談事務所の弁護士や司法書士に相談しましょう。事務所に行こうと思うと範囲が限られてしまうので、電話やメールで相談ができ、事務所に行かなくても良いところにしようとしましたが、法律相談所は事務所に行くことになるところが多く、メールと電話だけで、着手金0円のところはなかなか見つかりませんでした。

やっと見つかったのが以下の無料サービスで、全国どこでも電話とメールで借金返済や過払い金に関する相談できます。借金に関する簡単な質問に答え、お名前、電話番号、メールアドレスの登録のみ相談できます。複数のサイトに相談すれば様々なアドバイスがもらえますし、それぞれのサイトで過払い金請求のコツが異なりますので、複数のサイトに登録することをお勧めします。

【無料】樋口総合法律事務所

【無料】おしなり法律事務所

【無料】新大阪法務司法書士事務所

【無料】RESTA法律事務所

【無料】リヴラ総合法律事務所

これであなたも家族には内緒で借金を返済できることをお祈りしています。